We've updated our Terms of Use. You can review the changes here.

手コキババア紫~鶴見緑地公園編

by Agai、Tifara、Kim、Tetsu、Drake

supported by
quoiDraught
quoiDraught thumbnail
quoiDraught しねしねしねしししねしねしねええええっ~ Favorite track: さようなら、ようこそ / 死霊の夜桜.
/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥100 JPY  or more

     

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.

about

This is our 8th album of Touhou arrangements.

2011年10月発表。堕武者の東方アレンジ第8作目。
初めての大阪遠征、東方紅楼夢で発表した一枚。

大阪は鶴橋の印刷会社に「ジャケットとCDケース、盤面印刷のみのCD-R」を発注して前日に受け取り、心斎橋のホテルまで運び、PCとCDドライブを持ち込んで一枚ずつ焼いていくという狂気のスケジュールでした。そもそもジャケット&CDケース&CD-R200セットが一人では持ち運べない。堕武者の計画性のなさが露呈されましたが、たまたま「同行したい」と言って大阪まで来てくれたドレイク君によって救われました。本当にお世話になりました。

楽曲に関しては、職場の同僚でカラオケの達人、マナティ氏を仲間に引き込みクリーンボーカルを収録。堕武者としては異色の作品に仕上がりました。

曲数は多くないものの、Tr2、Tr3、Tr4あたりは良質な歌モノグラインドコア(あるのかそういう言葉が)になっているのではないかと。

また、Tr7のイントロ「しねしねしねししねししねしねしね…」は、東方知識ゼロでこのアルバムを聴いてもらった女性同僚に「可愛い」と受けがよかったです。

タイトルに関しては、上野公園に深夜出没するという「500円ババア」の存在を東方アレンジサークル界隈の飲み会で聞かされ、そこからババアを紫様にするという単純かつ最低な発想で生まれました。

​コンセプトを維持するため、ジャケットの紫様もやはりババアにする必要があったわけですが(ジャケットをお願いしたむつつ様は、本当は2枚目の絵のような可愛いイラストも描けるわけで…)迫力がありすぎるせいかまあCDが売れない。これまでの可愛いジャケット詐欺が通用しない、ある意味ジャケと中身が一致している作品といえます。

credits

released October 18, 2011

Original music composed by ZUN

license

all rights reserved

tags